アンチエイジングで若返り美魔女〜美しくチェンジ〜

笑顔の女性

老人性いぼの原因と治療

老人性イボの原因と症状

考える女性

老人性いぼは脂漏性角化症、老人性疣贅とも呼ばれています。このいぼは紫外線によって皮膚が変化して出来るいぼで皮膚の老化が原因といわれています。紫外線に当たりやすい顔に多く見られる症状です。ウイルス性のいぼですと人から人へ感染しますが、老人性イボはウイルスが原因ではありませんので心配はありません。老人性イボは40歳を過ぎた頃から見られるいぼですが20歳代の人にも出来る場合があります。老人性イボは茶色や黒色の少し盛り上がった形をしており、大きさは数ミリから3cm程のものです。最初は1〜2ミリ程度大きさですが次第に大きくなっていきます。放置しておいても問題のないイボですが、顔の目立つ場所に出来ると女性の場合は気になって取り除くための治療を考えるようになります。

イボの治療費用について

老人性イボの治療は皮膚科で行います。治療方法は炭酸ガスレーザーやメスで切開して取り除く手術が行われます。レーザー治療は傷跡が残らないので顔などの目立つ部分に行われます。レーザーでいぼをこぞげ落とすようにして削っていきます。費用は自由診療となり1cm程で1万円前後となりいぼの大きさによって料金が変わります。手術で取り除く場合は健康保険が適用されます。やはり、老人性イボの大きさによって料金は変わりますが、概算は1万円前後となります。治療費用の中には初診料などが加算されますので確認してから治療を受けるようにしましょう。顔以外の部位に適した液体窒素による治療方法もあります。医師とカウンセリングを十分に行いましょう。